過去を正しい形で過去にする。

あなたの能力に限界を加えるものは、
他ならぬあなた自身の思い込みなのです

ナポレオン・ヒル(アメリカの成功哲学の祖)


前回の2017年 浄化の年の続きです。

日常生活や人生の中で
思い込みがどんな影響を及ぼしているのか?
というところから考えてみます。

 

 

例えば、過去に病を患ったとしましょう。
私自身の話をしてみます。(かなり端折って)

 

 

私は過去に卵巣嚢腫という病気にかかり、
卵巣を摘出しています。

 

 

摘出手術後に生理痛がひどかったりすると、
「卵巣膿腫になったから仕方ない」
と自然と思うわけです。
生理痛が重い=過去の卵巣嚢腫が原因。
という太〜い回路が作られていきました。

 

 

 

「生理痛が重い=過去の卵巣嚢腫が原因」
という思い込みは、現在の自分の生活習慣を顧みない、
という厄介を起こしました。

 

 

 

痛みがあれば痛み止めを飲み、
特に生活を改める事なく、
私はそういう体質なのだと疑いませんでした。

 

 

 

そうしたら、見事に
また10年後に同じ病気になりました。

 

 

 

そういう体質だと思い込んでいましたから
びっくりはせず、やっぱり…. という感じ。

 

 

今思えばですけど、
こういう体質だ!という思い込みがなければ、

 

  • 食生活や生活習慣を見直してみる
  • 同じような経験をされている方の情報を探してみる

 

など、違う選択肢、方向を探していたのではないかと思います。

 

 

体質という思い込みから離れた
未来につながる扉を探すための
行動を起こしてたと思います。

 

 

思い込みって、
より豊かで輝ける未来を奪うだけのもの
と言っても過言ではないかもしれないなと。

 

 

卵巣嚢腫や、生理痛が重いということが
体質ではなかったと気がつけたのは
浄化メソッドを受けて生理痛を感じなくなったから。

 

 

2度同じ病気になったことよりも、
これにずっと驚いた。生理痛を感じることなく
生理が来ることがなかったので、へ?!って。

 

 

どこのトイレで、どんな格好して
びっくりしたのか鮮明に覚えています。

 

 

 

真に前を向く。ってこういうことなのだと思います。

 

 

 

浄化は、
過去を正しい形で召させることができる。
(召させるという日本語が正しいのかわかりませんが)

 

 

 

そうしたら、
パァ〜っと違う世界が広がるってことがわかった。

 

 

思い込みや、トラウマ、
病の原因を探そうとしないでください。

 

 

原因探しの旅は非生産的で、本当に疲れる。
原因は見つからないことの方が多い。

 

 

探すのであれば、
今撒く種を探す、今耕す畑を探す、
今できることを探すことに
自分を使いましょう。

 

 

 

[ 過去を正しい形で過去にする。 ]日々の意識,浄化のこと, 2017/01/15 11:22