朝10分の善因善果

 

子供が生まれてから
毎日あわただしく始まり、あわただしく終わる1日が
続いていましたがだんだんと少なくなくなってきました。

 

疲れているけれど、ベッドに微笑んで入り
穏やかに1日を終えられる日が増えてきました。

 

なぜでしょうか。

 

それには「朝の10分」の行いが
大きく関係していたことがわかりました。

 

息子の睡眠サイクルを
少しずつ整え、だんだんと出来上がってきたので
隙間時間を見つけては
自分の用をすることができるようになりました。

 

 

朝はカーテンと窓をあけ
入ってくる日差しに息子をあずけている間の10分
必ず掃除をするようにしています。

 

掃除機をかけるか、拭き掃除
棚の整理など、10分で意外と
結構できちゃいます。

 

朝の善因善果ですね。

 

読んで字のごとく
善い原因が善い結果をもたらす
という意味。

 

掃除は部屋だけでなく
気持ちもすっきりとさせてくれます。

 

こうして澄んだ朝を迎えられた日は
気分がすがすがしく
ものごとが良い方向良い方向へと
巡ります。

 

朝の10分だからこそ
続けられる善因善果を習慣にしませんか?

 

 

よい朝(因)がよい1日(果)をもたらしてくれます。

 

[ 朝10分の善因善果 ]日々の意識,浄化のこと2018/03/04 18:00