丁寧なじかん

こんにちは。
紫陽花の季節ですね。
 

 

 

 

 

今日は丁寧に生きるとどうなる?
のお話をしていきます。

 

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-
朝いっぱいのコーヒーを
いつもより丁寧に淹れてみる
:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-

 

 

豆から挽いてコーヒーの
なんとも言えないコクの香りにつつまれて
お気に入りのカップでいただく

 

 

あえてBGMは何もなし
自分の呼吸、飲んだ後に漏れる息
音と香りを堪能します。

 

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-
手足の爪のケアを
いつもより丁寧におこなう
 :+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-

 

 

爪切りではなくファイルを使って
長さと形を整えて
甘皮の処理までしてみる

 

 

オイルを垂らして
指たちをクルクルマッサージ
愛おしさが溢れ出ます。

 

 

 

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-
火でお米を炊く
:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-

 

 

お米一粒一粒を感じながら研ぎ
優しくお水をそそいだら
お鍋で炊飯

 

 

火の加減、蓋のカタカタという音
湯気から香るお米の力に
寄り添って。

 

 

自然といつもより丁寧に
お椀によそっている自分を発見します。

 

 

 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-
触れるものすべてを眼で見る
:+:-・:+:-・:+:-・:+:- :+:-・:+:-・:+:-・:+:-

 

 

口に入れるもの
手に持つもの
人に渡すもの

 

 

きちんと眼でみて触れると
手先に優しさが生まれます。

 

 

大切にするってこういうことだと
思い出すことができます。

 

 

「丁寧」は時間がかかる、遅れる、面倒と
感じますが、心に余裕をうみ
実は時間を奪われた感覚はありません。

 

 

そして美しさと共鳴する場が
自分の周りに広がり、伝染していきます。

 

 

 

 

丁寧にコーヒーを淹れた日は
いつもより美しい声を意識していたり
美しい言葉を選んでいたりする。

 

 

すべてに繋がっていくのです。

 

 

 

 

日頃の生活の中に
ちょっと心を込めた丁寧な生き方
してみませんか?

 

 

 

 

[ 丁寧なじかん ]日々の意識,浄化のこと2018/06/14 07:15